医療でのファクタリング

医療機関だけに限りませんが、特に資金力の弱い個人経営の場合、資金繰りというのは常に悩ましいところです。

医療というサービスの提供と同時にその代金が収入となって入ってくればよいのですが、どこの世界でも両者が全て同じタイミングということはあり得ません。



両者が全て同じタイミングとなるのは、全ての事業活動を現金決済で行っているようなところだけです。
医療機関の場合、患者さんからの支払いは全て現金決済であったとしても、診療報酬の全てを患者さんから受け取るわけではありません。
診療報酬請求をして始めて受け取れるわけで、確実にその受け取りまでにはタイミングのずれが生じます。

このタイミングのずれをつなぐ方法としては、もちろん一つには金融機関からの借入をすることです。
タイミングがずれる期間、例えば2カ月なら2か月の間、その医療機関を経営していけるだけの資金の余裕はどうしても必要で、そのために借入をするというのはもちろん一つの手段です。

しかし、方法としては借入は有力ではあるものの、唯一の手段ではありません。

それがファクタリングという方法です。



ファクタリングというのは、診療報酬債権を直接買い取ってくれるサービスのことです。借入をしますと当然利息が発生しますが、ファクタリングでを行えばその間の利息は支払わずに済みます。



ただし、ファクタリングでは債権価格の額面では買い取ってはもらえず、ある程度の手数料はかかることになります。