医療のファクタリングについて

ファクタリングというのは、なんらかの債権を買い取ることを指します。

これは医療の世界においても役立つことがあります。一般の企業であっても医療機関であっても、商品やサービスを顧客に提供するのと引き換えにその場で代金が全て支払われるとは限りません。

通常、健康保険で3割負担の場合、患者さんが窓口で支払うのは3割だけで、残りの7割はレセプト処理をして始めて健康保険から支払われるわけです。そこには当然タイムラグが生じます。



しかし、タイムラグが生じようと医療機関の運営にかかる費用は容赦なくやってきます。



人件費しかり薬剤費しかり光熱費や賃貸料しかりです。

そこで役に立つのがこのファクタリングなのです。
ファクタリングを運営している会社は、医療機関から診療報酬債権を買い取ります。

そして、タイムラグなくその場で対価を支払ってくれるのです。

ただし、100%ではなくある程度の手数料が差し引かれます。
手数料を支払っても、タイムラグなく受け取れることで、資金繰りが楽になるというメリットを受けることができるわけです。



ファクタリング会社は、後日その債権どおりの金額を健康保険から受け取るということになり、見方を変えれば債権の請求を代行してくれるサービスということもできます。


ファクタリング会社は手数料分が利益になるわけですが、万が一債権の回収ができなくなったような場合には、医療機関に請求されることはなくそのリスクはその会社が負うことになります。