医療関係のファクタリング

医療関係ではファクタリングが非常に利用しやすいと言えます。
ファクタリングとは後日回収可能な債権を買い取ることを指しますが、医療においては診療報酬債権がまさにこの後日回収可能な債権に該当します。

そして、買い取る側にとっては極めてありがたいことに、この診療報酬債権はいわゆる不良債権になってしまうようなことがまず考えられません。請求先は一般の会社や個人ではありませんから、回収までの間に会社が潰れてしまったり、夜逃げをされて回収に四苦八苦するというようなことが考えられないのです。
もちろん、支払いの先延ばしを求められたりして交渉が難航するようなこともありません。


これはファクタリングサービスを提供している会社にとっては非常にありがたいというか、仕事のしやすい条件です。そのため医療関係ではこのサービスを利用しやすいのです。



もし不良債権になる可能性があればそれだけ割引額も大きくしなければ会社の経営が成り立ちませんが、診療報酬債権に関しては割引額も非常に小さくすることができますから、利用する側にとっても利用しやすいというか、メリットの大きい仕組みになっているのです。



診療報酬債権を回収するまでの期間のつなぎとしては、金融機関からの借入金でまかなっているという施設も多いでしょうが、もちろん審査も必要ですし、金利もかかり利息に支払いも必要になります。



ファクタリングの利用を考慮してみる余地は十分にあるといえるでしょう。