医療とファクタリングの活用

医療だけに限った話ではないのですが、ファクタリングというのは資金繰りにいつも困っている経営者にとって強い味方になり得る存在です。
これはどういうものかというと、種々の債権の買い取り、請求の代行とでもいうべきサービスなのです。

どうしてこういうサービスが出てきたのかというと、本質的には債権の発生と実際の決済との間には時間差があることが理由です。
医療の世界では診療報酬債権がまさにこれに該当します。患者さんが受診した場合、窓口で支払ってくれるのは通常は費用の3割だけのはずです。



つまり、診療の対価としてその場で受け取れるのはたった3割にすぎず、残りの7割は健康保険に請求して初めて受け取れるわけで、実際に受け取れるまでには時間がかかります。


資金繰りに十分な余裕があるようなところでは別に問題もないのかもしれませんが、ぎりぎりのところでやり繰りしているような医療機関ではこの時間差は結構深刻な問題です。
診療報酬がまだ健康保険からもらえていないので例えば職員の給料はそれまで先延ばしなどというわけにはいかないでしょう。

こういう場合に役立つのがファクタリングです。

ファクタリングでは、医療機関が持っている診療報酬債権を適正な価格で買い取ってくれます。



もちろん代金はその場での支払いというか、即日振り込みとなります。

ファクタリング会社は後日その診療報酬債権を健康保険から回収することで経営を成り立たせているわけです。